軽自動車、エンジンの寿命TOP >

軽自動車、エンジンの寿命リンク集◆2

オルタネーター 交換

オルタネーターを交換する場合、中古品とリビルト品のどちらがいいのでしょうか。 最近では、誰でも簡単に中古品が手に入るようになりましたが、オルタネーターの寿命は10万キロ前後だと言われています。

リビルトタービン 粗悪品

リビルトタービンは、業者ではなく個人でもヤフオクで簡単に買うことができますが、性能の低いオリジナルリビルトタービンもとても多いので注意が必要です。 『品質は新品に限りなく近く、価格は中古に限りなく近い』と謳い、ネット販売しているところであっても、リビルト内容は購入して現物を見るまで分かりませんし、完成度やテスト内容は全く知ることはできません。

中古品 エアロパーツ

エアロパーツの購入を考えているのでしたら、中古品にも目を向けて下さい。中古品の場合は、当然のことですが塗装済みですから、新品を購入しても塗装をする手間と費用を考えると、お得感はさらに高くなります。数万円もするフロントハーフスポイラーが数千円、90%オフ

オルタネーター 修理 工賃

オルタネーターを購入して、整備工場などに持ち込み修理をしてもらうという方法です。オルタネーターの購入費用のほかに修理費用、交換工賃が必要になります。では、修理工賃は幾らくらいかかるのでしょうか。

激安 リビルト タービン

激安リビルトターボチャージャー、驚くほどに安いです、本当に。しかもリビルト品です。ターボチャージャーという部品は、精密機械です。実物を手に取ってみると、思ったよりとても小さい部品ですが、このパーツが何をやっているの?って言うくらいパワーがでます。 一覧にしてみると、その安さは魅力がありますね。


Copyright © 軽自動車、エンジンの寿命リンク集2 All rights reserved